お電話でのお問合せはこちら
メールフォーム
求人情報

アクセス案内

〒761-8075
香川県高松市多肥下町1580-4

ダイヤモンド穿孔工事

コア抜き工事

ダイヤモンドコアビットを使用し鉄筋コンクリート等、あらゆる材質にも粉塵・騒音での公害が少なく、短時間で穿孔を行う工事です。

コア抜き工事の主な機械

●φ10.5~φ600まで対応可能です。
●穿孔深さは、ある程度対応ができますが要相談となります
ダイヤモンドコアドリル

ダイヤモンドコアドリル

湿式ハンドコアドリル

湿式ハンドコアドリル

乾式ハンドコアドリル

乾式ハンドコアドリル

コア抜き工事状況 その1

壁開口コア抜き工事

開けたい開口の淵をコア抜きし、開口を開ける工事です。

  例 ) 壁開口工事

隣の部屋を繋ぎ、部屋を増やす開口を開ける工事です。
まず、壁にドアを付ける為の開口の墨出しを行い、墨に沿ってコア貫通を行います。

壁開口工事
壁開口工事

開口の大きさにより、取り出すコンクリートコアの重量が異なるため、状況に応じて重量を計算し、分割してコア貫通を行います。
残ったコンクリートは、チェーンブロックを使用し、落下しないように慎重に取り出します。

壁開口工事
壁開口工事

コア工事では、水を使用しますので、排水が室内に飛散したり、下の階の室内に水が浸透しない為に室内の完全養生を行い、さらに周りに被害が及ばないように工事を行います。

コア抜き工事状況 その2

マンホール側面コア抜き

主に土木工事にてマンホール埋設時、汚水管や雨水管などを接続する為に接続管に合わせたサイズでコア抜き工事を行います。

マンホール側面コア抜き

コア抜き工事状況 その3

上向きコア抜き工事

床の貫通コア抜きの場合、現場の状況によって障害物などにより、コア抜きの機械がセッティング出来ない等、状況に応じて床の裏側、天井裏部分で上向きに機械のセッティングを行い、床貫通を行う手法です。
その他には、接着系アンカー打設など耐震工事において、穴開け時に低騒音・低振動を要求される現場に用いられます。

上向きコア抜き工事

コア抜き工事状況 その4

検査用コア抜き工事(テストピース採取)

主に既存の建物のコンクリート強度検査の為に、コア抜き工事を行いテストピースを採取し、これを用いて圧縮強度試験を行います。

はじめに、採取したい場所を選定し、鉄筋を切断しない為に鉄筋探査を行います。

検査用コア抜き工事(テストピース採取)

探査を行った後、埋設鉄筋の無い場所にコア抜きを行います。
この場合、鉄筋探査を行ったとしても埋設鉄筋を切断する可能性があるので、熟練した作業員が慎重に作業を行います。

検査用コア抜き工事(テストピース採取)

コア抜き終了後、鉄筋が無いか再確認し、テストピースを採取します。
コアを抜いた部分には、無収縮モルタルで穴埋めを行います。

検査用コア抜き工事(テストピース採取)
検査用コア抜き工事(テストピース採取)

採取したテストピースは、圧縮強度試験や中性化試験を行います。

コア抜き工事状況 その5

桜掘りコア抜き工事

桜掘りコア抜きは、穿孔したい大きさに円で墨出しを行い、その墨に沿ってコア抜き貫通(桜掘り)を行います。

  例 ) 某空港にて行われたコア抜き工事です。

☆直径2m ☆深さ5m50cm

1. 円系の墨に沿ってコア抜きを行います。

円系の墨に沿ってコア抜きを行います。
円系の墨に沿ってコア抜きを行います。

2. 次に円形に抜き切ったコアを取り出します。

残ったコアを中心にH鋼を組み立て、コア部にアンカーを打込みH鋼で引張り出します。
コアを摘出する時、過大重量物の為、クレーン車で吊り上げながら引張り出し工事終了となります。

次に円形に抜き切ったコアを取り出します。
次に円形に抜き切ったコアを取り出します。
次に円形に抜き切ったコアを取り出します。

※我々は、あらゆる工事経験と知識で、ご要望の工事状況に対応させて頂きます。

その他コア抜き状況

その他コア抜き状況
その他コア抜き状況

アンカー工事
斫り工事
特殊工事